一般販売品

文法書

プリズム総合英語

佐伯里子 著

定価1,440円(本体1,333円+税)

対象学年


ISBN 978-4-8285-0021-8
サイズ B5変型判
ページ数 256ページ+解答書16ページ
発行年月日 2002年12月20日
本冊付録 音声CD付巻末挟み込み解答書

高校の先生へ

高校採用時にのみ、次の付属品をお付けいたします。
生徒用付属品 例文集
先生用付属品 テスト作成CD-ROMダウンロード可

書籍概要

『プリズム』の名の通り、どんな角度から見てもわかりやすく、集約された知識を多方面に拡大させることができる総合参考書です。この『プリズム総合英語』をはじめ、準拠した『プリズム英文法22章』、『プリズム英文法22章 ワークブック』は、いずれもフルカラーのたいへん読みやすいシリーズです。

内容

拡大して見る

ポイント1
どのレッスンも同じ見開き構成になっていますので、学習の流れをつくりやすくなっています。
ポイント2
読んで理解するよりも《見て理解》することをポイントにしています。どこが大切なのか、一目瞭然です。
ポイント3
高校生にとって身近な話題でやさしい例文。つながりのある内容になっていますので、統一的な場面をイメージでき、無味乾燥な文法学習とはおさらばです。
ポイント4
よくある質問に答えたり、反対に問題を投げかけて注意を促しています。必要な情報を知らず知らずのうちに習得できるようになっているのです。

拡大して見る

ポイント1
《付録》でない付録です。従来よく本の最後に追いやられているおまけのような付録ではなく、色々な新しいコンセプトも加えて、理解を補うのに役立つ付録を適所に配置しました。
ポイント2
そのセクションでの理解度を、書き込み式の《Exercises》で確認できます。
ポイント3
ビジュアル的にもわかりやすい解説となっています。

目次

■ Unit 1 文の基本を学ぶ p.10
Section 1 文の種類 p.11
1. 英語の語順・肯定文  
   be動詞と一般動詞 p.12 , p.13
2. 人称とbe動詞  
   肯定文・否定文・疑問文 p.14 , p.15
3. 人称と一般動詞  
   否定文・疑問文 p.16 , p.17
4. 疑問詞のある疑問文・付加疑問  
   5W1H p.18 , p.19
5. 命令文・感嘆文  
   Let's ~. Don't ~. What/How ~! p.20 , p.21
付録 1 発音 p.22 , p.23
Exercises 1 p.24
   
Section 2 5つの文型 p.25
6. S+V  
   第1文型 p.26 , p.27
7. S+V+O  
   第3文型 p.28 , p.29
8. S+V+O+O  
   第4文型 p.30 , p.31
9. S+V+C  
   第2文型 p.32 , p.33
10. S+V+O+C  
    第5文型 p.34 , p.35
11. 5つの文型  
    文の基本的構造 p.36 , p.37
付録 2 自動詞と他動詞 p.38
付録 3 発音のきまり
イントネーションと強勢
p.39
Exercises 2 p.40 , p.41
   
■ Unit 2 述部を深く知る p.42
Section 3 時制 p.43

12. 現在形(1)

    現在の事実・習慣・真理

p.44 , p.45

13. 現在形(2)

    予定・指示など

p.46 , p.47

14. 過去形

    過去の事実・習慣など

p.48 , p.49

15. 未来

    willとbe going to

p.50 , p.51
付録 4. -s, -ed, -ingのつけ方 p.52
Exercises 3 p.53 , p.54
   
Section 4 助動詞 p.55
16. can・be able to
    可能(能力・推量・依頼・許可)を表す助動詞と表現
p.56 , p.57
17. may・might
    許可・推量(可能性)・祈願などを表す助動詞
p.58 , p.59
18. must・have to
    義務・禁止・推量などを表す助動詞と表現
p.60 , p.61
19. will・would・shall
    意志・勧誘・依頼・推量を表す助動詞
p.62 , p.63
20. should・ought to・had better
    義務・助言・当然・命令の助動詞と表現
p.62 , p.63
21. would・used to・need・dare
    過去の習慣を表す助動詞
p.64 , p.65
22. 助動詞+have+過去分詞
    過去の推量、後悔・非難を表す助動詞
p.66 , p.67
23. canとmayを用いた慣用表現
    助動詞の慣用表現
p.68 , p.69
付録 5 助動詞のまとめ p.72
付録 6 発音のきまり p.73
Exercises 4 p.74 , p.75
   
■ Unit 3 動詞を変化させる p.76
Section 5 進行形・受動態 p.77
24. be+-ing
    現在進行形・過去進行形・未来進行形
p.78 , p.79
25. 進行形にしない動詞
    状態動詞
p.80 , p.81
26. 態(1)
    能動態と受動態
p.82 , p.83
27. 態(2)
    受動態のいろいろな形
p.84 , p.85
付録 7 by以外の受動態 p.86
Exercises 5 p.87 , p.88
   
Section 6 完了形 p.89
28. 現在完了形
    完了・結果、経験
p.90 , p.91
29. 現在完了形・現在完了進行形
    継続
p.92 , p.93
30. 過去完了形
    完了・結果、経験、継続、大過去
p.94 , p.95
31. 未来完了形
    完了・結果、経験、継続
p.96 , p.97
付録 8 不規則動詞活用表 p.98 , p.99, p.100
Exercises 6 p.101 , p.102
   
Section 7 準動詞 p.103
32. 動名詞
    名詞の働きをする-ing
p.104 , p.105
付録 9 動名詞の慣用表現 p.106 , p.107
33. 分詞の基本的な意味
    現在分詞と過去分詞
p.108 , p.109
付録 10 分詞と動名詞 p.110 , p.111
34. 不定詞(1)
    名詞的用法と疑問詞+to不定詞
p.112 , p.113
35. 不定詞(2)
    形容詞的用法とbe to不定詞
p.114 , p.115
36. 不定詞(3)
    副詞的用法
p.116 , p.117
37. 不定詞(4)-不定詞の形と注意すべき不定詞
    完了形、進行形、受動態など
p.118 , p.119
38. 原形不定詞
    知覚動詞と使役動詞
p.120 , p.121
39. 不定詞と動名詞
    目的語になる場合
p.122 , p.123
付録 11 準動詞のまとめ p.124 , p.125
Exercises 7 p.126 , p.127
   
■ Unit 4 2つの文をつなぐ p.128
Section 8 関係詞 p.129
40. 関係詞(1)
    関係代名詞who, which
p.130 , p.131
41. 関係詞(2)
    関係代名詞thatと前置詞+関係代名詞
p.132 , p.133

42. 関係詞(3)

    関係代名詞what, as, than

p.134 , p.135
43. 関係詞(4)
    関係副詞where, when, how, why
p.136 , p.137
44. 関係詞(5)
    継続用法と複合関係詞
p.138 , p.139
付録 12 複合関係詞の2つの用法 p.140
Exercises 8 p.141 , p.142
   
Section 9 接続詞 p.143
45. 接続詞(1)
    等位接続詞
p.144 , p.145
46. 接続詞(2)
    従属接続詞 that, whether/if
p.146 , p.147
47. 接続詞(3)
    副詞節を導く従属接続詞とその他の接続詞
p.158 , p.149
48. 時制の一致
    I think [say/know] that ~
P150 , P151
49. 話法
    直接話法と間接話法
p.152 , p.153
付録 13 つなぎのことば(ディスコースマーカー)
Exercises 9 p.155 , p.156
   
Section 10 仮定法 p.157
50. 仮定法(1)
    仮定法過去
p.158 , p.159
51. 仮定法(2)
    仮定法過去完了
p.160 , p.161
52. 仮定法(3)
    仮定法過去と仮定法過去完了のミックス型など
p.162 , p.163
53. 仮定法(4)
    I wish, as if [though]など
p.164 , p.165
54. 仮定法(5) p.166 , p.167
付録 14 英語のことわざ p.168
付録 15 くっつけて意味を広げる接頭辞と接尾辞 p.169
Exercises 10 p.170 , p.171
   
■ Unit 5 表現を広げる p.172
Section 11 疑問と否定 p.173
55. 疑問詞
    How, Whatを用いた様々な疑問
p.174 , p.175

56. 否定(1)

    準否定語hardly, littleなど

p.176 , p.177
57. 否定(2)
    部分否定と全体否定
p.178 , p.179
58. 否定(3)
    否定の慣用表現
p.180 , p.181
付録 16 カタカナ英語 p.182
Exercises 11 p.183 , p.184
   
Section 12 比較 p.185
59. 比較(1)
    原級を用いた比較
p.186 , p.187
60. 比較(2)
    比較級を用いた比較
p.188 , p.189
61. 比較(3)
    最上級を用いた比較
p.190 , p.191
62. 比較(4)
    比較の慣用表現
p.192 , p.193
付録 17 比較級・最上級の作り方 p.194
付録 18 新情報と旧情報 p.195
Exercises 12 p.196 , p.197
   
■ Unit 6 構文で応用する p.198
Section 13 いろいろな構文 p.199
63. 分詞構文
    現在分詞・過去分詞で始まる構文
p.200, p.201
64. 強調・強調構文
    いろいろな強調
p.202, p.203
65. 名詞表現
    名詞を使いこなす
p.204, p.205
66. 無生物主語
    生き物以外を主語にする場合
p.206, p.207
67. 倒置
    否定語や副詞(句)が文頭に
p.208, p.209
68.挿入・同格・省略
    ちょっとした文章テクニック
p.210, p.211
付録 19 記号(Punctuation) p.212, p.213
Exercises 13 p.214, p.215
   
■ Unit 7 品詞の役割を知る p.216
Section 14 品詞 p.217
69. 名詞とその種類
    普通名詞・集合名詞・物質名詞・固有名詞・抽象名詞
p.218 , p.219
付録 20 名詞の複数形 p.220
付録 21 数量の表し方 p.221
70. 冠詞
    a[an]とthe
p.222 , p.223
71.無冠詞
    a[an]もtheもつかない名詞
p.224 , p.225
72. 注意すべき代名詞
    再帰代名詞、不定代名詞など
p.226 , p.227
73. 形容詞
    形容詞の限定用法・叙述用法
p.228 , p.229
付録 22 数詞 p.230 , p.231
付録 23 国名形容詞 p.232 , p.233
74. 副詞
    副詞の用法
p.234 , p.235
75. 前置詞
    場所・時・原因・手段などを表す前置詞
p.236 , p.237
付録 24 前置詞句と群動詞 p.238 , p.239

付録 25 文型のまとめと8品詞

p.240
Exercises 14 p.241 , p.242
   
■ 巻末付録  
E-MAIL 知っておくととても便利 p.244 , p.245
Gestures 知っておくととても便利 p.246 , p.247
   
■ さくいん p.248

もっと見る

閉じる

一般の方へ

※こちらの書籍はご購入できません。